[Windows] WebDAVの環境構築

ローカルPCのWindowsでWebDAVサーバーを構築してみた。
WebDAVとは。
HTTP経由で、Web上のファイルやフォルダを管理できるもの。FTPのHTTP版という感じ。


  1. WebDAVのインストール

 
 コントロールパネル>Windowsの機能の有効化または無効化
 にて以下画面を表示する。

 青枠で選択されている部分をチェックし、[OK]押下する。

 

  2.WebDAVの有効化

 
 コントロールパネル>管理ツール>インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー
 左側ツリーの「Default Web Site」を選択し、「WebDAVオーサリング規則」を選択する。
 「機能を開く」を選択する。

「WebDAVの有効化」を選択する。

 

  3.WebDAVルートディレクトリの作成

 
 左側ツリーの「Default Web Site」の右クリックメニューから「仮想ディレクトリの追加」を選択する。

 エイリアスと物理パスを入力し、[OK]を押下する。

 

  4.アクセス権を設定

 
 左側ツリーの「SampleWebDAV」の右クリックメニューから「アクセス許可の編集」を選択する。

 認証許可するアカウントのアクセス権を「フルコントロール」を選択する。

 左側ツリーの「SampleWebDAV」を選択して、「WebDAVオーサリング規則」をダブルクリック。

 右上の「オーサリング規則の追加」を選択する。

「指定されたユーザー」を選択し、許可するアカウント名を入力する。
「読み込み」と「書き込み」にチェックを入れる。
WebDAV構築手順-010.PNG

 

  5.参照ディレクトリの設定

 
 左側ツリーの「SampleWebDAV」を選択し、「ディレクトリ参照」をダブルクリック。

 右側の「有効にする」を選択する。

 

  6.動作確認

ウェブブラウザで以下URLでアクセスするとファイル・ディレクトリ一覧が表示されればOK
 http://localhost/SampleWebDAV/

以上☆